楽天投信投資顧問に移行して人気のファンド

楽天投信投資顧問に移行する人が多いです。楽天投信投資顧問は、インターネット最大手の楽天が運営している安全な投資顧問です。比較的新しいですが、楽天日本株トリプル・ブルが非常に人気があります。日本の株価指数を対象とした先物取引を積極的に活用します。このファンドでは、日々の基準価格の値動きが、日本の株式市場の値動きに対して3倍になることを目標に掲げています。そのため、株価指数先物取引の買建額と株式の組入額を合計した額が、投信信託資産における純資産総額の3倍になるように調整します。相場は上昇時にはファンドの基準価格が大きく値上がりしますが、下落時には基準価格の値下がりが大きくなります。よってこれから相場が上昇すると予想して、その通りに相場が変動すれば大きな利益を得ることができます。外れた場合は大きな損失になりますが、2日以上離れた日の基準価格は、株式市場の3倍にはなりません。一方でこのファンドの弱点は、株式市場が一定の範囲内で上昇と下落を繰り返すと、基準価格が押し下げられることです。2日後や4日後に株式市場が基準日と同じレベルに戻っても、ファンドの基準価格は戻りません。このような株式市場の値動きが続くと、時間とともに基準価格が低くなります。特に長期間の保有で起こりやすいです。よってファンドを購入したら、保有するだけでなく投資家自身も利益確定や損切りのルールを決定する必要があります。次に楽天みらいファンドでは、受益証券への投資をすることで、複数の投資信託証券に分散投資をして、長期的な投資信託財産の増大を行います。相場の暴落に備えて、「CBOEボラティリティ指数」など相場の有事に大きく上昇する資産を保有します。

ページトップへ