投資顧問が事務IPOに口座開設や家庭に与える影響

投資顧問という事務の仕事がありますが、どういう役割があるかは契約内容によって異なります。例えば、企業や個人の資産運用を主体としている場合もあれば、上場企業の安定株主対策や安定経営のための場合もあります。
企業や個人の投資顧問であれば、IPOに口座開設や事務なども行ってくれるので家庭に与える影響も大きいといえます。資産運用は難しいものがあります。ハイリスクハイリターン重視なのか、ローリスクローリターンなのか、投資の割合はこの方針によって、株式なのか債権市場なのか、国債なのか、その資産運用はその目的によって方法も異なってきます。
資産運用を主体とする投資顧問は、そうした個人や企業に代わって、専門的に運用をしてくれるのです。投資ファンドも同じ役割を担っている場合もあります。
また、投資に伴う事務も行ってくれるので、助かります。
これら以外には、上場企業の悩みとして、巨大な資金を持ったファンドなどが、企業の経営権取得や株式の買い集めによる株価つり上げなどがあり、こうしたファンドなどから、企業防衛の意味合いも含め、投資顧問契約を行っている企業も少なくないのです。
企業として、長く安定的に経営するためには、企業価値に見合った株価や配当利回りが重要ですが、企業の信頼的な意味合いも含め、投資顧問と契約しているのです。
過去には、投資ファンドが、発行株式数量が少ない企業の株式を買い集め、経営権の参画か、又は、高値での買取り請求を行った事例は少なくないのです。経営権に参画できれば配当を増配して、株主保有者への利益還元対策になるし、また、株式を高価買取してくれれば、大幅な売却益が得られるので、どちらに転んでも利益を手に入れるのです。

ページトップへ