国際投信投資顧問株式会社について

自らの資産運用を、いわゆる「投資顧問会社」に依頼して、夢を託すという考え方をする日本人は非常に増えてきています。もちろんこれは、時代的背景、経済的背景を反映したひとつの傾向であるといえることは間違いありませんが、単にそれだけではなく、「夢を託すことができる投資顧問会社を見つけることができた」という、極めて現実的なメドを立てることができる日本人が多くなってきたということを意味します。それはつまり、「頼れる投資顧問会社を見つけることができる」という、資産運用において絶対に不可欠なファクターを満たすことができるようになってきたことになります。
そんな重責の一端を担う投資顧問会社があります。業界トップクラスの実績を残してきた、「国際投信投資顧問株式会社」がその会社になります。
国際投信投資顧問株式会社は、東京都千代田区丸の内に本社がある投資顧問会社ですが、実はこの会社は、「三菱フィナンシャルグループ」の一員であることから、非常に顧客からの信用が厚い会社なのです。
国際投信投資顧問株式会社が設立されたのが、投資顧問会社としてはかなり古いほうにあたる、1983年3月のことでしたが、当初は野村證券系の証券会社でしたが、1997年に国際投信委託(株)と国際投資顧問(株)とが合併して誕生したのが、現在の国際投信投資顧問株式会社のスタートということになります。
とにかく規模が大きい投資顧問会社ですから、ありとあらゆる資産運用のノウハウを持っている、日本を代表する投資顧問会社であると言っても過言ではないでしょう。それだけに、非常に広い層の顧客からの支持を得ているというのが、現在の国際投信投資顧問株式会社の地位を象徴しているといえます。

ページトップへ